装着方式によるエクステの種類

エクステが安い!人気のエクステンションを激安価格で!

ウィッグ通販 | フルウィッグ | ハーフウィッグ | ポイントウィッグ | エクステ | | 長さ | スーパーロング | ロング | ミディアム | ショート | 当サイトについて

装着方式によるエクステ(エクステンション)の種類

装着方式によるエクステの種類

<編み込み式>

三つ編み、四つ編みの2種類の取り付け方があり、しっかり取り付けているため持ちがよく、毛束の量の調節やカラーのブレンドも自由にできるので、いろいろなスタイルのニーズに応えることができます。

ただ、美容師さんに頼むことはもちろんですが、それでも取り付けに手間と時間がかかるので、料金が高くなりやすいエクステの取りつけ方式といえます。


<金属チップ式>

エクステの取り付け部分に金属チップを通し、ペンチでつぶして固定します。

エクステの取り付けを美容師さんにやってもらうのは編み込みと同じですが、編み込みに比べれば手間と時間は軽減されます。

ただ、金属に触れる部分の自毛がこすれて切れたりして痛む場合があります。

また、金属は髪の自由な動きに対する追従性がいまひとつなので、編み込みほど長い時間はもたないのが一般的です。


<グルー(接着剤)式>

エクステを専用の接着剤で取り付ける方式です。

取り付けに手間と時間がかかる上に接着剤によって髪がダメージを受ける可能性も高く、取り外しが困難なため、今はあまり一般的なエクステではありません。


<超音波式>

専用の接着剤を超音波の高速振動で薄くのばして浸透させてエクステを取り付ける方法で、取付部分が目立たないのが特徴です。

ブラシが通りやすい上にシャンプーで普通にしっかりと洗えるので清潔に保つことができます。

取付時間が短く、前髪にもつけられるのもこの方法のメリットです。

ただ、一定レベルの技術が要求されるため、どこの美容院でもやってもらえるものではありませんし、料金も割高になる場合があります。


<シリコンキャップ式>

ビーズ状のシリコンキャップに自毛とエクステを通して固定する形で装着します。

弾力性があるシリコンは頭皮に触れても違和感がなく、長期間劣化しません。

前出のエクステに比べて取り付けに時間がかからず、取り外しも時間をそれほどかけずに一人で行えます。


<クリップ式>

クリップで自毛に固定するタイプのエクステです。

通常のウィッグと同じ感覚で一人で手軽に着けることができるので人気があります。

ネット通販で購入できるエクステといえば、このクリップ式が一般的です。

クリップ式エクステの装着方法を動画で紹介


>>エクステ通販に戻る<<



 くりっく365